ステイン除去の種類や方法の紹介

ステイン除去の種類や方法をまとめました

ステインとはそもそも何でしょうか。歯磨き粉やオーラルケアのCMでも耳にする機会が多くなり一般的な言葉になりつつあるのかもしれません。

 

ステインとは
歯の着色汚れを指しています。ヤニ、タンニンなどの食べ物や飲み物などに含まれる色素成分。毎日歯磨きをしていたも少しずつステインは歯に付着し、蓄積していきます。歯に張り付いてしまったステインは水には溶けません。うがいをするととれる、というのはありません。

 

なぜステインは付着するの?

食べ物の中にはポリフェノール類が含まれるものがあります。中でもポリフェノールを多く含む食品としては「カレー」「コーヒー」「チョコレート」があります。いずれも思い浮かべるだけでも茶色の濃さの象徴ともいえる食品ばかりです。

 

歯の表面はエナメル質でできています。そのエナメル質を覆っているのはペリクルというたんぱく質。ポリフェノール類はたんぱく質と結びつくことによってステインとなり歯に付着してしまいます。

 

ステインの解説図

 

 

食べ物ではありませんが、たばこのヤニ、これは直接歯にしみついてしまうもの。とても頑固なステインになってしまいます。


 

ステインはどうやって除去するの?

タンニンとヤニ

ステインを除去する方法には大きく分けると「歯医者でステイン除去」と「自宅でステイン除去」があります。

 

もちろん歯医者でステイン除去をするとその効果は非常に高いのですが、金額も高くなるという大きな欠点も。

 

美しい歯は人の印象を大きく変えることを私たちは知っています。テレビを見ていても歯がきれいなことが当然であり、逆にタレント、俳優などメディアで顔をさらすのにもかかわらず歯が汚れていれば目についてしまうものです。普段の生活でも、歯がきれいであることは美しい印象を与えるだけではなく清潔感もあります。

 

社会人になると清潔感は欠かすことのできない必須要素の一つ。人前でプレゼンをする時にも、また接客業であってもその印象は大きく変わることになってしまいます。

 

 

それではどのようなステイン除去の方法があるのかを見ていきましょう。

歯医者でのクリーニング

ステイン除去の方法として一般的なのはPMTCです。専用の機械を使ってステインを除去していきます。超音波の振動を使っており、ステイン除去には非常に効果的です。専門医が行うことで歯の隙間の取りづらい着色汚れも問題ありません。

 

ただし問題になるのはその費用です。

 

実は「着色汚れが目的」のPMTCは保険診療適用外です。自費治療になるとそれこそ歯科医によって金額はピンからキリまで。5,000円程度という方もいれば6万円もかかったという方もいます。

 

逆に、歯周病などの目的でPMTCを使用することになれば保険適用の範囲になります。簡単に言えば「病名がつかなければ保険診療に適用されない」ということ。保険診療内であれば1回3000円程度でPMTCができ、通院も3~4回程度になっています。

 

メリット
  • ステイン除去の効果が高い
デメリット
  • 歯科治療で行えるかどうかの判断は実際に診察しなければわからない
  • 保険適用外になれば高額

 

重層でステイン除去

重層、つまり炭酸水素ナトリウムになりますが料理だけではなく今では掃除にも大活躍をしています。その研磨力がすばらしく、台所の油がべたべたとした換気扇の汚れもきれいに落とすほどの力を持っています。

 

重層にはいくつか用途の種類があり「掃除用」「工業用」「食用」があります。口の中に入れるものになるので重層でのステイン除去は食用を使用します。

 

ただし重層のステイン除去はよく使われる方法ではありますが、インターネットで情報が錯綜する現代において使い方の間違いを指摘されている危険なものでもあります。

 

 

”歯科医に聞いてきました!”
重層は粒子が荒く研磨力が強いものです。歯を白くするというよりは、直接歯につけてしまうと研磨力が強すぎで汚れだけではなく歯のエナメル質も傷つけてしまいます。傷ついたエナメル質には汚れが入り込みやすくなり、結果として着色汚れが付きやすい歯になってしまう危険性があります。

 

そのため「ステイン除去」が目的ではなく口臭予防のために使われるのが重層です。500ミリリットルの水に小さじ1杯の重層を溶かす、それでうがいをして口臭を予防します。

 

メリット
  • 費用が安い
  • 口臭改善
デメリット
  • 研磨力が強く歯を傷つける
  • 塩分が多くしょっぱさが気になる

 

電動歯ブラシで着色汚れを落とす

今、電動歯ブラシは一般的な歯ブラシと並べて販売されるようになってきました。それほど私たちの生活には珍しくない存在になっています。

 

ところが電動歯ブラシにもピンからキリまであり「ただ震えるだけのもの」が安価で売られている現実があります。本来の電動歯ブラシは超高速振動ができるものであり、最近では音波水流も組み合わされて歯の隙間の汚れも落とすものが出てきました。

 

電動歯ブラシはドラッグストアで販売されているものではなく、家電量販店で購入したほうが良いという意見も少なくありません。というのも、電動歯ブラシは家電製品に分類されるものが多く、電化製品メーカーが開発しているものが効果が高いからです。

 

 

”メーカーに問い合わせました!”
ステイン除去が電動歯ブラシでできるのかを聞いてみました。ステインを除去するホワイトモード機能がある電動歯ブラシもありますが、一般的な電動歯ブラシそのものでステインを除去することは難しいとのこと。

 

また、研磨剤が入っている歯磨き粉を使うと高速振動で歯が傷つけられてしまうため推奨していないとのことでした。

 

メリット
  • 人の手ではできない高速振動がある
デメリット
  • 効果が高いものは価格が高い
  • ステイン除去が目的ではない

 

ホワイトニング専用の歯磨き粉

オーラルケアが一般的になってきた現代で、歯の汚れを落とすだけではなく白く美しい歯はたくさんの方に注目されています。ホワイトニングケアの歯磨き粉は、歯の美容液です。歯磨き粉として使用するよりも、「歯磨き後の美容液」として使用します。

 

即効性が高いホワイトニング歯磨きもありますが、2カ月程度で白さがはっきりと目にわかることが多く効果の高さには定評があります。

 

人気の理由としては歯科医でのホワイトニングよりも圧倒的に価格が低いこと。通常の歯磨き粉として考えると高額にはなりますが、そもそも考え方が違います。

 

例えば顔は洗顔料で洗った後に化粧水、乳液、美容液をつけます。それによって肌の美しさを保つことになります。同じように歯も、歯磨きをしてから美容液で白さを保つ、というのがホワイトニング歯磨きの使い方です。

 

研磨剤を使ってステインをこすり落とすのではなく、独自の成分でステインを浮かせて落とす考え方です。

 

メリット
  • 歯科医に比べて価格が安い
  • 自然由来のものを選べば口に入れるものとして安心
  • ステイン除去の効果が高い
デメリット
  • 即効性がなく効果が出るまでに2カ月程度かかる

 

結局ステイン除去には何がいい?

実際に試してみると、ホワイトニング専用の歯磨き粉+電動歯ブラシが最も効果的で価格も安く抑えられます。

 

毎日の忙しい中でも歯磨きの後にホワイトニング専用の歯磨き粉を使うだけです。歯医者でのPMTCも行ってみましたが、予約を取って歯医者に向かうという時間の確保が難しいだけではなく、毎日の食生活においても着色汚れができてしまうため結局はこの先何度も通わなくてはなりません。

 

ホワイトニング専用の歯磨き粉だけでは自分の歯磨きの拙さから不安が残り、電動歯ブラシを併用すると効果が格段に上がったと感じました。

ヤニ取り歯磨き粉おすすめランキング