市販の歯磨き粉はどうなの?商品紹介

市販の歯磨き粉はどうなのか?検証してみました

ヤニ取りや着色汚れ取りなどのホワイトニングをメインとした歯磨き粉は「美容液」です。顔を思い浮かべてみましょう。洗顔をした後に、化粧水や乳液などの基礎化粧品を使って肌の質を整えます。

 

同じように歯も、歯磨きをした後に美容液を使って歯の質を整えます。

 

毎日の歯磨きを丁寧に

1日3回、食事の後には歯を磨きます。口の中を中性に保っておくことで口の中に細菌を繁殖させない役割があるだけではなく、着色汚れの定着を防ぐこともできています。

 

1本の歯ずつ磨いていくことが歯磨きの基本です。そのためには使いやすく効率の良い歯ブラシを選ぶことが大切ですが歯磨き粉はどのように選んでいるでしょうか。

 

歯磨き粉の種類

歯磨き粉にはさまざまな種類があります。チューブタイプ、粉タイプ、ジェル状、液体。注意したいのは「研磨剤」が配合されていると歯のエナメル質を傷つけてしまう可能性があること。

 

現在は口の中に隅々までいきわたり、泡による「磨いた感」をなくすジェルタイプが主流になりつつあります。

 

歯を磨くためには「どの歯を磨いているのか」を鏡でチェックしながら行うことが効果的です。発泡剤が多く含まれている歯磨き粉では、泡が邪魔をして歯がよく見えないでしょう。これでは1本をどのように磨けているのか適正なチェックができていない可能性があります。

 

歯磨き粉には効果効能のある成分が配合されていますので、それらがしっかりと浸透するような歯磨き粉を選ぶとよいでしょう。

 

歯磨き粉に含まれる成分

歯磨き粉にはさまざまな薬用成分が配合されています。それによって効果効能が違いますので目的を考えた歯磨きをするのであればチェックしてみましょう。まずは基本的な「歯磨き粉の役割」を確認します。

 

虫歯予防

歯垢の中に細菌が酸を作ると歯が溶かされます、それが虫歯です。歯磨き粉の中には「歯垢除去」や「付着防止」に効果効能がある成分が配合されています。それによって細菌が酸を作り出す前に除去が可能です。

 

虫歯予防に効果がある成分

虫歯の原因になる細菌の繁殖を抑える効果がある殺菌剤

  • ラウロイルサルコシンナトリウム
  • 塩化セチルピリジニウム
  • 塩化ベンゼトニウム
  • イソプロピルメチルフェノール
  • トリクロサン
  • 塩酸クロルヘキシジン
  • ヒノキチオール

 

歯の再石灰化を促進する働きがある
  • フッ化ナトリウム(フッ素)
  • モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)

 

歯を再石灰化する
  • 薬用ハオドロキアシパタイト

 

歯垢を分解する
  • 酵素

 

ConCoolジェルコートF

ジェルタイプの歯磨き粉で泡立ちはないものの、歯の隅々まで行きわたり効果を発揮。最も注目したいのは高い殺菌力。虫歯だけではなく歯周病予防にも効果有り

 

 

口臭予防

香りで臭いをふさぐこと、それが口臭予防ではありません。原因をはっきりと知ることで「香りでごまかすこと」に効果がないことが分かります。口臭は主に口の中の汚れがにおいの原因になります。特に歯垢には細菌が繁殖し酸を作り出しています臭いの発生源でもあります。

 

汚れを取り除き、口の中を清潔に保つことで「口の中から発生する臭いに原因」に対処ができます。口臭の原因菌を殺菌すること、それも歯磨き粉の役割です。

 

口臭予防に効果がある成分

口臭の原因になる細菌の繁殖を抑える効果がある殺菌剤

  • ラウロイルサルコシンナトリウム
  • 塩化セチルピリジニウム
  • 塩化ベンゼトニウム
  • イソプロピルメチルフェノール
  • トリクロサン
  • 塩酸クロルヘキシジン
  • ヒノキチオール

 

歯周病予防

歯垢や歯石が沈着するとそれが原因になり歯茎が腫れる、出血することもあります。それが歯周病最終的には歯が抜けてしまうこともあります。

 

歯周病の原因が、歯垢や歯石です。歯垢や歯石の原因が細菌です。つまり細菌を殺菌することが必要になります。

 

虫歯予防、口臭予防と同じく殺菌剤が含まれていることも確認しましょう。また歯周病の場合には歯茎が弱くなっています。刺激の少ない歯磨き粉、または炎症を抑制する効果がある歯磨き粉を選択しましょう。

 

歯がしみるのを防ぐ

歯の表面はエナメル質になっていますが、それが薄くなること、はがれること、欠けることによって、歯の中にある象牙質が露出してきます。歯の根元ともなる象牙質、守るべきエナメル質がなくなってしまったことで刺激が神経に伝わり歯にしみてしまいます。つまり知覚過敏症状です。

 

歯磨きの中には知覚過敏症状のために、刺激の伝わりを抑制する薬用成分が配合された歯磨き粉もあります。

 

シュミテクトコンプリートワンEX

知覚過敏症状の方専用の歯磨き粉です。歯の神経がしみると感じる信号をバリアしているのは硫酸カリウム。専用というだけに効果が高い歯磨き粉です。

 

歯を白くする

歯を白く

着色汚れは歯並びほどに気になる症状です。ステインと呼ばれる着色汚れは一度定着してしまうと歯磨きで落とすことが難しいもの。

 

歯磨き粉の中にはステインを取り除く効果期待されている成分もあります。

 

ただし、歯磨き粉の場合にはホワイトニングが本来の目的ではないために効果が高いものは少なくなっています。

 

ステインに効果がある成分

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリビニルピロリドン
  • ポリエチレングリコール/マクロゴール/PEG

 

歯磨き粉に含まれている主な成分と効果効能
  • フッ化ナトリウム(フッ素) ・・・虫歯
  • モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)・・・虫歯
  • 薬用ハイドロキシアパタイト・・・虫歯
  • デキストラナーゼ(酵素)・・・虫歯
  • ラウロイルサルコシンナトリウム・・・虫歯、口臭
  • 塩化セチルピリジニウム・・・虫歯、口臭、歯肉炎
  • 塩化ベンゼトニウム・・・虫歯、口臭、歯肉炎
  • イソプロピルメチルフェノール・・・虫歯、口臭、歯肉炎
  • トリクロサン・・・虫歯、口臭、歯肉炎
  • 塩酸クロルヘキシジン・・・虫歯、口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • ヒノキチオール・・・虫歯、口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • ε-アミノカプロン酸・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • トラネキサム酸・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • グリチルリチン酸ジカリウム・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • グリチルリチン酸モノアンモニウム・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • β-グリチルレチン酸・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • アラントイン・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • アラントインクロルヒドロキシアルミニウム/アルクロキサ・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • 塩化リゾチーム・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • オウバクエキス・・・歯肉炎 、歯肉炎
  • トウキ軟エキス・・・歯肉炎 、歯肉炎
  • 酢酸トコフェロール/酢酸DL-α-トコフェロール・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • ニコチン酸トコフェロール・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • 塩化ナトリウム・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • アスコルビン酸ナトリウム・・・口臭、歯肉炎 、歯肉炎
  • 塩酸ピリドキシン・・・口臭、歯肉炎
  • 硝酸カリウム・・・知覚過敏症状
  • 乳酸アルミニウム・・・知覚過敏症状
  • ポリリン酸ナトリウム・・・歯石、ヤニ取り
  • リン酸水素二ナトリウム・・・歯石
  • ポリビニルピロリドン・・・ヤニ取り
  • ゼオライト・・・口臭、歯石
  • ポリエチレングリコール/マクロゴール/PEG・・・ヤニ取り

 

歯磨き粉の裏側を見てみるとその成分が表示されています。先頭に記載されているほどその成分が多いということ。「自分がなりたい歯」のために必要な成分が配合されているのかをチェックしてみるとよいでしょう。

ヤニ取り歯磨き粉おすすめランキング