子供に大切な歯のケアとは

子供に大切な歯のケアとは

子供に大切な歯のケアとは

歯は一生と通して、とても大切な役割を果たすものです。歯だけでなく、歯茎に至るまで、歯の健康は体全体の健康にもつながるといえます。ですから、歯のケアは子供のころから始めることが大切です。乳歯の時期から、検診などでも歯磨きの大切さは母親にも繰り返し伝えられることですから、多くの親は子供の歯磨きに苦心して取り組んでいることでしょう。

 

子供がまだ幼いうちから、歯磨きの習慣をつけることが重要です。しかし、個人差もありますが、幼い子にとっては、口を大きく開けて、歯を磨くという行為は、なかなか受け入れられるようなものではないこともあるようです。

 

ですから、特にはじめての子育ての場合には、どのようにして、嫌がられずに歯を磨くことができるようになるのかという問題は、深刻な悩みにもつながってしまうことも珍しくありません。最近は、ドラッグストアやスーパーなどでも、幼児専用の歯磨きグッズが販売されていますので、そのような便利グッズを気軽に試してみて、自分の子に合う方法を見つけていくのもひとつの方法といえるでしょう。

 

できれば、歯の生えてくる前から、口の中に歯ブラシのようなものを入れてみる経験をさせておくのも効果的です。乳歯用の歯ブラシや、歯磨きのトレーニング用として、毛のないようなシリコンタイプの歯ブラシも販売されています。そのような物を使えば、安心してトレーニングをすることができるでしょう。

 

まだ歯が生えていない歯茎でも、やさしくマッサージするような習慣をつけておけば、歯が生えてきた時にも、スムーズに歯磨きに移行することができるともいえます。歯が生えてきてしまったからといって、いきなり、普通の歯ブラシでゴシゴシ磨いたのでは、歯磨きが苦痛なものだと感じてしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

嫌がる子供の歯磨きはどうする?

どうしても嫌がる子には、おさえつけてでも歯磨きをするという考えの人も少なくないことでしょう。これはトラウマになってしまうと考える人もいるようです。しかし、大切なのは、歯磨きの重要性を幼いうちからしっかりと伝えるということで、態度で示すことも時には必要となります。

 

でも、嫌がっている原因が、単に歯磨きに慣れないからなのか、それ以外に原因があるのか、ということについては、常に観察を続けていかなくてはなりません。大人用の歯磨き粉は幼い子には刺激が強すぎますから、使わないようにしたいものです。また、歯磨きする力が強すぎて歯や歯茎に痛みを感じているのでは、無理やり磨くのはかわいそうです。

 

また、慣れないうちには、口を開け続けると、うまく唾液がのみこめなかったり、息苦しくなってしまうこともあるので、様子を見ながら、徐々に歯磨きの時間をのばしていくようにすることが大切です。そのような点に注意していれば、多少、嫌がったとしても、そこは毅然とした態度で、毎日磨き続けることが重要になってきます。

 

もし、市販の歯磨き粉で、ぶどうやいちごなどの味で好みのものがあれば、そのような歯磨き粉を日替わりで使ってみたり、なにか楽しみにできることを見つけて、歯磨きに臨むようにするとスムーズにいくことも多いようです。

 

歯並びに注意!

歯磨き以外にも、気をつけたいのが歯並びについてです。乳歯の時には、それほど気にならないのですが、永久歯に生えかわるときに、歯が生えてくるスペースが十分に確保できない状態で永久歯が生えてくると、歯が曲がった状態で生えてくることもめずらしくありません。

 

八重歯などといわれているような状態になったり、全体の歯並びにも影響してくる可能性が高いといえます。その家庭によっても、歯並びについての考え方には違いがあるものですが、世界の常識で見てみると、日本人はまだまだ歯並びについての関心度が低いようです。

 

歯並びが悪いと、体のバランスが崩れてしまったり、健康にも影響が出てくる可能性が高いともいえますが、それだけでなく、海外では見た目の問題でも歯並びは非常に重要なものと考えられています。歯並びの良さは、家柄の良さともいわれ、小さいうちから歯列矯正を受ける率も日本に比べると格段に高いようです。

 

日本でも、近年、世界中で活躍する人たちが増えてくるにつれて、また、飛行機などの交通事情の発達やインターネットの普及により、リアルタイムに世界中と情報交換ができるようになったという背景もあり、日本人の間でも歯並びについての関心が高まっているようです。大人になってから歯列矯正すると、抜歯の可能性も高くなり、費用も高額になりがちです。

 

大人の場合には、顎の発達も終わっているので、歯を動かすのがむつかしいからです。でも、まだ顎の発達途中の子どものうちには、比較的容易に歯並びを改善することが可能なので、歯列矯正をしたいと考えているのであれば、早い時期からはじめておいたほうが良いともいえます。ただし、歯列矯正には、本人の意思も大切なので、納得して治療に臨むようにしたいものです。

ヤニ取り歯磨き粉おすすめランキング