ブラニカ

ブラニカについて

ブラニカ

 

白い歯だけではなく、その歯を際立たせるのはピンク色の歯茎。美しい人には美しい口元がある、と考えているのがブラニカです。

 

白い歯はほしいけれども、口臭や歯茎のケアまで歯磨きで終わらせたい方、そして毎日使うものだから自然由来のものを選びたい方に選ばれています。

 

ブラニカが安心できる理由

毎日使いものだからこそ自然由来にこだわったブラニカは、自然由来成分100%ホワイトニング成分や保存料もすべて自然由来成分で作られています。口の中に入れることも考えましょう。

 

また、歯磨きとして使用するため唾液と一緒に幾分体内に入ってしまいます。安全な成分だけが配合されいること、それは口の中に入れる歯磨き粉としては当然の条件です。

 

独自のホワイトニング成分

ブラニカのホワイトニング効果は独自の2つのホワイトニングパワーです。ピロリン酸とポリリン酸、これがブラニカの特徴です。

 

  • ピロリン酸・ポリリン酸

着色汚れを強力に吸着し、着色汚れを浮かせて落とします。歯医者でも使用されているポリリン酸と、それと同様の効果を持つピロリン酸のダブルホワイトニングパワーで強力に除去します。

 

  • 板状ハイドロキシアパタイト

着色汚れ以外の汚れを徹底的に取り除き、さらに歯の表面を白くコーティングします。実は板状ハイドロキシアパタイトは、人の歯や骨と同じ成分を持っています。磨くたびに歯にホワイトニング効果があります。

 

自然由来成分の力

ブラニカ配合アルガンオイル

 

ホワイトニング効果だけではなく、口臭、虫歯予防、歯茎のケアまで行えるのはブラニカが自然由来成分の力を使っているからです。

     

  • マスティック樹脂

ギリシャのヒオス島だけで栽培されているマスティハからは、当目に輝く樹液が採れます。殺菌、抗菌効果に優れており虫歯予防にも使われています。

 

  • アルガンオイル

モロッコの南西部で生育されるアルガンツリーから採れるオイルは100㎏から1ℓしかとれない貴重なもの。オリーブオイルの3倍ほどのビタミンEが含まれており、抗酸化力が高く、ピンク色のみずみずしい歯茎へサポートしています。

 

泡立つブラニカ

泡立つブラニカ

一般的な歯磨き粉の泡ではなく、かといって明らかなジェル状でもなく、ブラニカはムースのように濃厚な泡立ちです。

 

その濃厚な泡が歯にぴったりと密着することでホワイトニング効果が高まっています、と公式ホームページには記載されています。

 

しかし商品名はハーバルホワイトニングトゥースジェル ブラニカ。つまりジェルではあります。市販品のようなはっきりとした泡立ちはなく、実際に使用してみた方の感想を聞くと「唾液が泡立った程度」であり吸着感を感じる方は少ないようでした。

 

ブラニカの価格は

通常価格は2700円。定期コースで注文すると商品代金が10%オフになり2430円で購入ができます。また2本以上の注文で通常送料500円が送料無料に。

 

ブラニカは1か月で1本消費する目安になっているので定期コースのお届け周期は「毎月1回」か「2か月に1回2本」がお勧めです。

 

ブラニカはドラッグストアや薬局で購入することができません。また、ネットショッピングモールでも販売されていることがないため公式ホームページだけでの販売です。横流し品がない、それはブラニカの専売であることを意味しています。

 

ブラニカの使い方

ブラニカの使い方

 

通常の歯磨きとして使用するのではなく、ハーバルホワイトニングトゥースジェル ブラニカはあくまでも「歯の美容液」です。そのため、歯磨き粉として使用するのではなく、歯磨きの後に着色汚れを落とすために磨くもの。

 

 

ポイント

歯磨き後に、歯ブラシにブラニカを垂らして着色汚れを落とすように磨きます。あとは口をすすいで完了です。

 

歯磨きには時間をかけて行います。エナメル質についた汚れに作用するため、そもそもエナメル質(歯の表面)が汚れていればブラニカの塗布にも影響します。

 

ポイント

継続利用が必要です。歯の黄ばみの原因となる着色汚れは毎日の飲み物、食事、愛煙家の方であればたばこから歯についていきます。ホワイトニングを習慣づけることで歯の白さを保ちます。

 

利用者の声

・時間がかかったと感じる女性


「すぐになんとかしたいと考えていたわけではありませんが、色の変化を感じるまでには2か月ほどかかりました。

 

目に見えて色が変わるのではないために以前の自分の写真を見て比べてみてようやく違いに気が付いたという程度です。もうすこし強力なホワイトニング効果を期待していましたが残念です。」

効果が薄かったと感じているこの女性、普段の使い方はどのようにしていたのかが気になって聞いてみました。

 

歯磨き後に使っているとのことでしたが詳細を聞いてみるとどうやら歯磨きにかかっている時間は2分程度。これではそもそも歯磨きがきれいにできていない可能性が高いことが分かります。

 

歯磨きは1本1本に注意を払って10分は磨かなくてはなりません。しっかりと磨いた後でこそ、ブラニカが活躍します。


 

・白い歯にあこがれてヤニを取りたかった男性


「友人に歯のきれいな男性がいます。笑った顔もさわやかに感じる。好感度が高く仕事も順調にいっているのはやはり歯がきれいだから。そう考えていました。

 

自分のヤニだらけの歯も白くできればと思いながら歯医者に行ってみたら1回5万円と言う。どの程度白くなるかもわからないものにそれだけのお金はかけられないのでブラニカを選びました。泡立ちは気になったものの希望する程度には白くなっています。」

希望する歯の白さがどの程度なのかは気になりますが、それ以上に気になるのは「泡立ちが気になった」ということ。こちらの男性に泡立ちの何が気にかかったのかを聞いてみました。

 

すると濃厚なムースのような泡ではなく、泡かなという程度のものだったようで逆に不快に感じたということでした。


 

・口臭をなくしたかった女性


「人と話をするときに相手が私の口臭が気になっているのではないかと感じていました。そう考え始めると気になって気になって仕方がなくなり・・・。

 

ブラニカを使い始めて2週間で歯が白くなってきたことを感じ始めたころ、口臭がなくなった気がしました。自分の歯がつるつると気持ちよくて歯で何度も触っていました。

 

たばこを吸っていますが2か月くらいたつとヤニが消えてきたのがわかりました。これは目で見てもわかるほど。口臭のために使いはじめたブラニカで思わぬ効果がありました。」

ブラニカには口臭をケアする自然由来成分のマスティック樹脂、アルガンオイルが配合されています。それによって口臭が緩和されてきたことがわかりますが、それだけではな虫歯予防、歯茎のケアまで行っています。たばこのヤニにも効果があったといううれしい結果も。

 

こちらの女性には今でも継続しているのかを聞いてみました。

 

すると、たばこは毎日吸うためブラニカをしていないと歯にヤニがつくのではないかと気になってしまうとのことでした。せっかく白くなった歯を汚さないために普段の歯磨きや生活習慣にも気を付けるようになったそうです。


 

新商品ゆえの情報の少なさが欠点

ポチェック

 

実はブラニカは2016年1月にリニューアルされたばかり。そのため利用者もまだまだ少なく体験者の口コミが少ないこともまた情報の少なさにつながっています。

 

通常価格でも2700円と、一般的なヤニ取り歯磨き粉に比べると価格は安く設定されているため「お試し」として利用してみることになるでしょう。

ヤニ取り歯磨き粉おすすめランキング