ヤニ取り歯磨き粉人気ランキング

歯の裏を見たことがありますか?

どうして歯の裏が汚れるの?

 

今では100円ショップでも販売されている葉の裏側を見るための鏡があります。それを使って見てみると、愕然とするはずです。

 

愛煙家にとって気になるのは、健康、そして「歯」ではないでしょうか。笑うとき、話をするとき、歯が見えるもの。その歯がヤニだらけであれば相手の視線は歯に集中し、自分自身も歯をさらすことを不安に感じます。

 

 

女性は清潔な印象を持つために、男性は社会人として清潔感を出すためにも歯には特に注意を払っておきたいものです。


 

私が一番オススメするのは「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。

 


→ 購入は今すぐ公式サイトで

 

 

≪目次≫

  1. 歯にヤニがこびりつく!その原因は?
  2. タールを低くすればいい?
  3. 歯医者でも行う歯のクリーニング
  4. 歯磨きでは80%程度しか汚れが落ちていない
  5. ヤニは落ちる!?
  6. ヤニ目的のPMTCは保険適用になる?
  7. PMTCの流れは?
  8. PMTCの費用はいくら?
  9. ヤニ取りは歯磨き粉を変えるとできる!?
  10. ヤニ取り歯磨き粉おすすめランキング 【2017年最新】
  11. ヤニ取り歯磨き粉の選び方
  12. ヤニ取り歯磨き粉の価格は高い?
  13. 重曹で代用ができるって本当?

 

歯にヤニがこびりつく!その原因は?

たばこを吸っている方であれば、フィルターが茶色く染まっていることに気が付くでしょう。また灰皿も茶色くなり、コンビニなど屋外に設置されている多くの人が利用する灰皿には茶色い壁のようなものまでできています。さらには部屋の壁紙、車内の窓など。

 

たばこが原因で茶色く染まってしまっているものは数えてみればきりがありません。

 

たばこの中には「ニコチン」と「タール」があります。このタールは煙の中に含まれておりべたべたとした性質を持っています。タールは粘りがあるため煙の当たったいたるところにこびりついてしまいます。もちろん歯にも。

 

特に見てほしいのは前歯の表側だけではなく実は裏側。歯の裏側には、吐いた煙が集中的に当たるため壁紙どころではない色の変わりようです。さらに恐ろしいことに、べたべたとしたタールはほかの汚れも吸着します。

 

紅茶、緑茶はのみませんか?ワインはいかがでしょうか?これらにはタンニンが含まれており、唾液の酵素と反応してタンパク質の薄い膜を作ります。それが着色汚れ。しかし愛煙家の歯、歯の裏側にはべたべたとしたタールがヤニとなって張り付いているために、着色汚れもさらに強固なものになってしまいます。

 

タールを低くすればいい?

それでは原因となるタールの数値が低いたばこを選べばいいのでしょうか?
実はそうでもありません。

 

たばこのタール数値とはフィルターの違いです。JT(日本たばこ産業株式会社)によると、たばこの箱に記載されているタール表記は目安でしかありません。タール数値が低いとフィルターは密になっています。実際に触ってみるとわかるはずです。

 

 

タール1㎎のたばこのフィルターは固く、わかばのようにタール19㎎ともなればフィルターは触っただけでもへこむほどです。たばこを根元まで吸ってしまえば、その根元にたまった有害物質を吸い込むことになるためタールが軽くても意味のないものになってしまいます。


 

 

ヤニ汚れの原因はべたべたとしたタールだということが分かりました。歯にタールがこびりつくまでには数日程度がかかるそうです。こまめに歯磨きをしていれば本来防ぐことができるものだったかもしれません。


 

歯医者でも行う歯のクリーニング

歯医者さんのPMTCって何?

 

実はたばこのヤニは歯医者でクリーニングをしてもらうことができます。ホワイトニング治療とはことなり、PMTCと呼ばれるもの。歯科衛生士が専用の機材を使って歯のクリーニングを行います。歯の汚れを取り除くだけではなく虫歯や歯周病の予防としても効果がある方法です。

 

欧米では約7割の方が行っているPMTC、日本でも3か月に一度のPMTCが視界によって推奨されています。

 

歯磨きでは80%程度しか汚れが落ちていない

毎日歯磨きをしていても、実は歯ブラシの限界があります。丁寧に磨いている方もです。

 

歯ブラシのみでは60%の汚れしか落せておらず、デンタルフロスを使っても80%程度しか汚れを落とすことができていません。磨き残しが虫歯や歯周病の原因になっており、PMTCを利用して定期的に歯の汚れを落とす方法が使われています。

 

ヤニは落ちる!?

ヤニだけではなく、茶渋、コーヒーなどが付着した歯の汚れにも効果があります。ただし、歯石除去が目的となっているPMTCのため、「ヤニ目的」ではなく「歯石除去の際にヤニもついでに落ちる」といったものです。

 

またヤニ取りの場合にはPMTCで行われる通常のスケーリングでは咬合面の溝にある着色を落とすことは困難。そのため、別の専用機材が使われるケースが多いようです。PMTCのみの場合、「ヤニは落ちるが隙間に残りやすい」ことの不安があります。

 

ヤニ目的のPMTCは保険適用になる?

例えば、歯石が沈着しているなど歯肉炎の症状につながる場合、もしくは歯周病になっているなどは保険診療の対象になります。しかし歯周病にもなっておらず、歯石も少なく単にヤニ取りが目的のPTMCは病名がつかないため保険適用外になります。

 

PMTCの流れは?

1.磨き残しの確認 歯磨き指導があります。3か月に一度程度のPMTCになるため、簡潔に考えると90日のうち、PMTCは1日、残りの89日は自分自身の歯磨きで対処するしかありません。そのため歯磨き指導が行われ磨き残しのない歯磨きの仕方を教わります。
2.虫歯、歯周病の確認 虫歯、歯周病の確認をしますがこの際に症状が見つかれば保険適用の可能性が出てきます。
3.バイオフィルム除去 専用機器の超音波を使って歯に薄い膜のようについているバイオフィルムをはがしていきます。
4.歯の表面を仕上げる PMTCの超音波で歯の表面についていた薄いバイオフィルムをはがした後は、歯の表面はざらついています。そのざらついた場所には細菌や歯石がつきやすいためジェットパウダーを使って仕上げていきます。
5.フッ素を塗る 歯の表面がきれいになった状態でフッ素を塗ると表面を強く保つ効果が上がるため多くの場合は仕上げとしてフッ素を塗布しています。

 

PMTCの費用はいくら?

一番心配になるのがPMTCの費用です。ここが最大のデメリットでもあります。

 

保険診療 2,500円~3,000円
自費診療 20,000円~60,000円

 

問題なのは実際に診察を受けてみなければ「保険診療になるかがわからない」ということ。歯周病などがあればPMTCでの治療ができるため保険診療になりますが、ヤニ取り目的であれば自費診療を覚悟しなくてはなりません。

 

また、歯と歯の隙間にヤニが挟まるように付着している場合には別の専用機材を使用するため費用が膨れ上がるケースが多くなっています。

 

 

歯医者でのPMTCは、専用機械を使って歯の専門家である歯医者が行うということもあってその効果は大きく期待ができます。しかし、「金額の負担」と「ヤニだらけの歯を見せる精神的な負担」は大きな大きなデメリットでしょう。


 

ヤニ取りは歯磨き粉を変えるとできる!?

毎日の歯磨きでヤニを取りたい。ヤニ取り歯磨き粉は高くない?重曹でも代用できるの?

 

歯医者でのPMTCは最終手段として考えておきましょう。やはり汚れた歯を専門医であるとはいえ他人に見せるのは躊躇するもの。自宅で毎日の歯磨きを考え直すことでヤニ取りができるのであればそれに越したことはありません。

 

まずは「ヤニ取りの歯磨き粉」とはどのようなものなのか?、ご説明してまいりましょう。

 

 

ヤニ取り専用ではない!
ヤニ取り歯磨き粉といってもヤニ取り専用ではありません。ヤニ汚れはステインと呼ばれることもありますが、ステインとはそもそも着色汚れを指しています。ヤニは単なる着色ではないため「歯磨き粉を選ぶときにはヤニ取りに対応していること」が必要です。


それではヤニ取りに対応している歯磨き粉、確認していきましょう!

 

ヤニ取り歯磨き粉おすすめランキング

 

主な特徴

医薬品ではありませんが医薬品に準ずるものとして認定されています。歯を白く、健康へと導く有効成分「ポリアスパラギン酸」「ビタミンC+リンゴ酸」「GTO」を配合しています。

通常価格 5,980円
定期価格 3,980円
評価 評価5
薬用ちゅらトゥースホワイトニングの総評

利用者の口コミも高く、「2か月で効果がはっきりと分かった」「口臭にも自信が持てた」という声もあります。

はははのは

主な特徴

無添加ハミガキの代表格ともいえるはははのはは、完全無農薬の10種類のオーガニック成分を配合。汚れを浮かして落とすだけではなく植物の力で歯の表面に汚れが再付着するのを防ぎます。

通常価格 3,500円
定期価格 1,980円
評価 評価4
はははのはの総評

安心安全なハミガキといえるだけあって完全無農薬の植物成分と無添加です。小さなお子様にも使用できるほど安全でありながら、1か月程度で効果が実感できたという声もあります。

パールホワイトプロEX

主な特徴

着色汚れを浮き上がらせる成分として製薬会社が開発した薬用成分IPMPを配合しています。リプルホワイトニング製法として3つのホワイトニング成分も配合しています。

通常価格 8,400円
定期価格 6,480円
評価 評価2
パールホワイトプロEXの総評

数日程度で効果を実感したという方も多いほど即効性は高くなっていますが、価格も高めです。

 

ヤニ取り歯磨き粉の選び方

ヤニ取り歯磨き粉とはいっても「着色汚れを落とすこと」に特化した「歯磨き後の美容液」です。そのためヤニ取りだけではなく、コーヒーや紅茶、普段の食生活でできてしまった着色汚れも落とすことができるものばかり。価格は大きく差があります。

 

1本が1か月というのは平均的なものではありますが、価格と合わせて効果が出てくるまでの期間にも大きく違いがありますので確認しなくてはなりません。高ければよいわけでもなく、効果が出るまでが遅いからダメということもありません。

 

実際の利用者の声はやはり参考になります。公式ホームページでは効果が出るまで数回程度と書かれていたとしても、実際の体験者の声では効果が出るまで2か月はかかったというケースも多いからです。

 

例えば結婚式があり、早く歯をきれいにしたいという方もいるでしょう。ヤニ取り歯磨き粉特有のにおいと味だけは避けたいという方もいるでしょう。それぞれの目的に合った歯磨き粉、歯の美容液を選ぶためにも「歯を白くすること」にどれだけ対応ができるのか比較しながら検討していかなくてはなりません。

 

ヤニ取り歯磨き粉の価格は高い?

ヤニ取りの歯磨き粉、高いかどうかは「歯医者治療」と比べてみなくてはなりません。もちろん一般的な歯磨き粉に比べれば格段に高いもの。例えば、一般的な歯磨き粉が200円だとするとその20倍はします。

 

ただし、目的も効果も全く異なるものです。研磨剤が含まれており歯の表面を削りながら「キレイ?」にする歯磨き粉。一方でヤニ取り歯磨き粉には研磨剤が含まれておらずに着色汚れを浮かしてはがすことが目的です。

 

さて、それでは高いのか安いのでしょうか?

 

歯医者で保険診療 2,500円~3,000円
歯医者で自費診療 20,000円~60,000円
一般的な歯磨き粉 200円
ヤニ取り歯磨き粉 4,000~6,000円

 

効果があるものとして考えると一般的な歯磨き粉は除外して考えなくてはなりません。効果があるもので比較をすると歯医者かヤニ取り歯磨き粉になりますが、コストとして考えるとやはりヤニ取り歯磨き粉が取り組みやすい価格設定になっています。

 

重曹で代用ができるって本当?

ヤニ取り効果として「重曹が良いらしい!」ということを聞いたことがあるかもしれません。おそらく、ヤニ取り歯磨き粉を検索していれば多くの方が目にする言葉です。

 

果たして重曹はどの程度の効果があるのでしょうか?

 

実は重曹は強い研磨効果があります。さらには強いアルカリ性、逆に歯の汚れは酸性でできているため中和させれて汚れが取りやすくなります。それならば、ヤニ取り歯磨き粉を使わなくても重曹で十分なのではないか?そのように考えられてもおかしいことではありません。

 

しかし「重曹でのヤニ取りは主流ではない」という事実はどういうことでしょうか。なぜ歯の着色汚れを落とす専用の歯磨き粉があるのでしょうか。

 

 

重曹でのヤニ取りには大きなデメリットがあります!

  1. 研磨効果が強すぎる
  2. 塩分が強すぎる

この2つが大きな欠点です。


 

研磨効果が強いこと、それが重層でヤニがとれる理由でもあります。重層はアルカリ性が強いため、酸性の着色汚れを中和して落とす働きがあります。ところが重層の粒子は荒く歯に使うには強すぎます。そのため本来残しておかなくてはならないエナメル質も傷つけてしまい、結果として知覚過敏になってしまいます。

 

重層はそもそも炭酸水素ナトリウム。つまり強い塩です。必ず吐き出さなくてはなりませんが、そこはやはり口の中。どうしても体内に取り入れてしまい塩分を多くとってしまいます。実際に重層で歯磨きをすればわかりますが、とてもしょっぱいものです。

 

コストを徹底的に抑えたい!その気持ちはわかります。しかし歯のエナメル質まで傷つけて知覚過敏を覚悟し、さらには塩分の取りすぎにもなりえる重層を果たして使うべきなのかは考えておかなくてはなりません。